千両荘の取り組み[目標]

入所者様の笑顔はご家族を笑顔にし、スタッフの笑顔も生み出します。
「千両荘」では、一人ひとりの送ってこられた生活習慣を大切に、入所者様がその人らしい生活を送ることが出来るように支援します。

  • (1)寝たきりにしない・させない
  • (2)主体性や個性を引き出す
  • (3)これまでの生活習慣をあきらめない
  • (4)その人を知る・変化に気づく



最期までその人らしく生ききっていただく!!
 様々な理由によりご自宅での生活が困難となり「千両荘」へ入所された方たち。私たち「千両荘」のスタッフは、その方一人ひとりを知り、その方の送ってこられた生活習慣を大切にし、その人らしく生活していただくために日々努力しています。

 入所者様から「殺してくれ」「もういやだ」「つまらない」「情けない」等、ネガティブな発言を耳にすることがあります。入所する時に、これから先の人生をあきらめてやって来る方が多いのも現実です。そのあきらめをどう希望に変えていくのか。その方の好きなものは?その方のやりたい事は?好きな人は?色々な情報を集めて、入所者様が元気になれるような言葉をかけながら、徐々に希望を持っていただく事が必要だと考えています。

 入所者様の笑顔は、ご家族の笑顔を生みます。そして、スタッフの笑顔も生み出します。

 介護は決して辛い・汚い職業ではありません。ご家族様と一緒に、入所者様にいかに輝いていただくかという事がこの仕事の最大の目的です。どうやったらできるんだろうと日々考え、その人が元気に、楽しく笑いながら毎日を過ごしていけたらと考えています。

 介護業界の深刻な人材不足はご存知のとおりです。「千両荘」もその例外ではありません。しかし、私たちはたくさんの方に介護がとても楽しく魅力のある仕事なんだということを伝えていきたいと思っています。

 保育園や小学校で将来の夢を描くとき、『プロスポーツ選手』『お医者さん』『お花屋さん』『警察官』『看護師さん』『宇宙飛行士』という職業の中に『介護士』が入る事が私たちの夢です。

 『最期までその人らしく生ききってもらう』少しでもそのお手伝いができたらいいなと思っています。

「千両荘」介護部主幹 金子靖典