サービス紹介[特別養護老人ホーム・概要]

『特別養護老人ホーム「千両荘」』は要介護状態(要介護認定)の方で、在宅での介護が困難な方のための入所施設です。施設サービス計画に基づいて、在宅で介護をすることができないご家族に代わって、日常生活上のお世話、機能訓練、健康管理および療養上のお手伝いをさせていただきます。



【施設長あいさつ】

希望が叶う施設でありたい
 病院への入院は、治療という名のもとに納得することができる。では、介護施設への入所は?介護者が楽をするだけでしょ、と言われたこともある。施設介護はサービスだから、確かに介護者に楽だと感じてもらうことも大切。でも、介護サービスの目的は決してそれだけじゃない。

 千両荘での介護は、利用者を元気にする要素を十分に持っていると思う。今まで諦めていた自分の未来について、介護を受けることによって希望という芽が出る。その芽は成長しやがて茎を伸ばし葉っぱになり、そして花が咲く。希望の芽を出すお手伝いをする、千両荘が目指すのはそんな介護サービスだ。

 自分で出来ない生活行為の一部を手助けしてほしい。上げ膳据え膳の介護ではなくて、出来るんだけどちょっと手が届かないところ、また出来ないと思って諦めていたことを、介護のプロにより出来るようなパターンを気づかせてほしい。

 トイレでの排便であれば、便器に座って思いっきり出したい。そして排便後はトイレットペーパーで拭きたいし、時にはウォシュレットで洗浄したい。自分でできなければ、そっと手助けしてほしい。食事については、出されたものを出来るだけ残したくないが、無理矢理に全部食べさせられるのはゴメンだ。時には残しても許してほしい。お風呂は、夏はシャワーでもいいが、冬は出来るだけ浴槽に入りたい。たまに浴室で気持ちよくなって漏れても許してほしい。

 余暇は、たまには集団で過ごすのもいいが、通常は一人でのんびりと本でも読んでいたい。
夜には好きな音楽を聴きながら眠りにつきたい。ラジオも聴きたい。
外出や買い物には少なくとも月に一度は出かけたい。たとえ実費がかかったとしても。

 いくつになっても夢や希望はたくさんある。
夢は夢として終わっても仕方ないこともあるが、希望はいくつか叶うことを願う。
千両荘は、利用者の希望が叶う、そんな施設でありたい、あり続けたい。

「千両荘」施設長 山本達也



【ご利用案内】

入所対象者
基本的に要介護3〜5の方。
要介護1、2の方で特例入所に該当する方は入所可能です。
特例入所については「よくある質問」をご覧ください。
入所を希望される場合
必要事項を記入捺印の上、入所申込書・入所調査票及び介護保険証のコピーを提出してください。(認定申請中の方は認定結果が出た時点で提出してください。)
受付方法
持参又は郵送
お問い合わせ
TEL:0533-83-0016/担当:生活相談員・服部

《ご利用の流れ》

1要介護認定について

「千両荘」のサービスは、要介護認定(要介護1〜5)を受けている方が対象です。
要介護認定について、詳しくは「初めての方へ」をご覧ください。

2見学・ご相談

ご本人、ご家族の施設見学を受け付けています。
お電話または「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
TEL:0533-83-0016

3お申込み

入所申込書をご提出ください。「千両荘」のスタッフがご家族に詳しい状況をお聞きします。

4待機期間

入所までの待機期間です。待機期間中に要介護認定が変更したり、ご家庭の状況や身体の状態が変わった場合は、必ずご連絡ください。

5事前面談

入所が近づきましたら、「千両荘」のスタッフが面接にうかがいます。
入所時には健康診断書が必要になります。かかりつけの医療機関等で健康診断を受けてください。

6入所

入所判定の結果を待って、ご契約・入所開始となります。
お手続きや持ち物などについて、「千両荘」のスタッフがご説明いたします。



【概要】

名称
特別養護老人ホーム千両荘(ちぎりそう)
サービスの種類
指定介護老人福祉施設(愛知県2372600201号)
管理者
荘長:山本達也
定員
特別養護老人ホーム:100名
居室
個室:20室、多床室(4人部屋):20室
設備・備品
医務室、食堂(2箇所)、厨房、浴室(一般浴槽・機械浴槽)、機能訓練室、静養室、面談室、地域交流スペース、集会室、事務室等
建物・構造
鉄筋コンクリート造3棟、敷地面積:6308.65平方メートル
所在地
〒442-0001 愛知県豊川市千両町大堀63番地
TEL:0533-83-0016 FAX:0533-83-0017
開設日
昭和56年1月5日